ゴールドの結婚指輪を検討している時に知っておきたいこと

きれいなカラーゴールド

結婚指輪の素材になるカラーゴールドは、イエローとホワイト、そしてピンクです。ホワイトはゴールドに加工を加えて白くしてあるので、そのうちメッキが落ちて地の色が出ることも。プラチナよりも安くてソフトな雰囲気です。イエローは銅の配分が強めの黄色がかったゴールドです。次第にイエローが濃くなってきますが、あまり気づかないレベルです。ピンクは肌に近い色味でキュートな雰囲気が持ち味です。こちらもピンク色が多少強まりますが、気にならない程度にとどまっています。

ゴールドを選ぶ時に見ておきたいこと

ゴールドのアクセサリーで、よく18Kなどの表記を見かけますよね。この数値は金の純度を示すもので、純度100%だと24Kとなります。純度が高ければいいということではなく、24Kだと耐久度が低めで日常生活ではめるのには不向きです。かと言って14Kだと硬すぎるので繊細な加工には向いていません。最もいいのはバランスがいい18Kです。後はお店でメッキが落ちた時のコーティングやクリーニングの料金、サイズ直しはどうなっているか確認しておくといいでしょう。

指輪が汚れた時は?

毎日はめていると当然手の皮脂などの汚れが指輪に付着していきますよね。一生大切にしていきたい結婚指輪なんですから、お手入れもこまめに行いましょう。手入れには特別な洗浄液入りません。家庭用の中性洗剤をぬるま湯で薄めて洗っておくだけでピカピカの結婚指輪に戻ります。冷たい水ですすいだ後は水気を取っておきましょうね。もし汚れがひどい場合はその指輪を買ったジュエリーショップに持っていき、クリーニングしてもらうといいですよ。

結婚指輪の購入時期に迷いがあれば、ジュエリーショップの経験豊富なスタッフの助言を受けながら、地道に商品選びを始めることが良いでしょう。