どんな効果があるの?壁面緑化をして得られるメリット3選

省エネやコスト削減効果

屋上緑化を取り入れる際には、ある程度の初期費用が必要になり躊躇している方も多いですよね。しかし、導入による初期費用よりも高い省エネやコスト削減効果がある事で屋上緑化を行う企業やビルのオーナーさんが増えているんですよ。屋上を植物で覆う事で建物内の温度の上昇を抑え夏場のエアコンにかかる費用を削減出来ます。また、冬場には建物内の保温効果だけではなく、植物から発生する水蒸気で保湿効果も同時に得られるんですよ。

屋上緑化による建物の保護効果

建物の外壁や防水層を劣化させる原因となっている酸性雨や紫外線から守り劣化速度を緩和出来るといったメリットも屋上緑化にはあるんですよ。それ以外にも、亀裂の原因である屋上床部分の温度変化の幅が少なくなり、熱収縮による膨張や収縮を抑える等の耐久性の向上にも期待出来ます。また、屋上緑化に使用出来る植物の中には耐火性が高い植物もあります。屋上・壁面緑化をしておく事で建物内と外部のどちらの火災の場合でも延焼を防止する事に繋がるんですよ。

空気の清浄化と癒やし効果

植物には空気を正常化させる効果がある事は有名ですよね。CO2や車・室外機から排出される大気汚染物質を吸収して周辺の空気を綺麗に保つ事も出来ます。また、植物は眺めるだけでも精神の安定化や肉体疲労も回復促進といった効果があり、屋上緑化を行いコスト削減や建物の保護をすると同時に癒やし効果を得れるんですよ。実際に屋上緑化をした方の中には、屋上にベンチ等を設置して憩いの場を用意している方も珍しくありません。

建物の屋上に樹木を植える屋上緑化は周囲の景観が良くなる反面、鳥が住み着き糞を排出する問題があります。糞の被害を防ぐために屋上にネットを張ったり、鳥が嫌がる音波を出す機器を設置するなどの処置が必要です。